転職とか、就職とか。

ランニング後のロッテのチョコパイってなんでこんなに美味しいんだろう。

・・・すみません。


職業柄なのか、それとも学生時代からの活動が影響しているからなのか、
日々、多くの方から就職や転職の相談を受けます。

ついこの間も「ヘッドハンティングされて、悩んでる」
とか
「今年、就活で就職しようかしないか迷ってる」
とか
「転職は考えてるんだけど、自分のやりたい事が分からない」
とかとかとか

ほんと、いろんな相談受けます。

たまに、エグゼクティブクラスの方が相談に来られる事もあります。
(僕でいいの?って内心ヒヤヒヤですが

ただ、相談を受けるからには、僕に相談してくれるからには、
必ず、大小関わらずその方には何かもって帰って頂く。
そう心がけて、真剣に向き合うようにしています。

正直な所、その時の自分の直感を信じて、
後悔しない選択をすればいいんじゃないかって思います。

企業の規模の大小とか関係なく、
安定とか、世間体とか、そんなものも関係なく、
その時に、自分のやりたいことをやればいいのではないかと。

ただ、何が起こっても誰のせいにもしちゃいけないし、
これが自分の人生だと思ったら、そこで頑張るしかないと思います。

ようは、自分の中で人として将来「こういう人になりたい」という理想像がいる。
もしくは、漠然でもいいから「こういう事をして世の中に貢献していきたい」
いわゆる、志やビジョンみたいなのがあって、
それを細分化した結果、これからする事がそこに繋がっているかどうか?
そこを見極める目を養うことが大切なんじゃないかなって思います。


よく「3年は働け」とも世間的には言われますが、
嫌なら我慢しなくてもいいと僕は思います。
他にやりたい事があるなら、3年後じゃなくて今すぐやるべきです。

実際、僕は新卒で入社したIT関係の会社を1年半で辞めています。
そして、今、キャリアアドバイザーの仕事をしています。

嫌な思い抱えたまま仕事続けて、それだけで続くのならば、
いいですが、心身を壊してしまっては元もこうもありません。

人や物事を見極めて、見抜く眼を養う方法は、
とにかく人に会うこと。
学生は、クラスやサークルみたいな学内だけのグループだけじゃなくって、
学外にもっと出て、他大学の学生と繋がりを持ったり、社会人が集まる場所に出かけること。

そこでいい人ばかりだけでなく、ダメな人に会う経験も積んで欲しいと思います。


諦めなければ、ほんとどうにかなる。

悩んで、悩みまくって。
とことん不安に駆られて・・・

でも、そういう状況こそが人を成長させると思うんです。

難しいことに挑戦することが、人を成長させる最短の道のり。

ある女性経営者が仰ってましたが、
「苦しい時にこそ、つかんだ宝は秘宝だからね!」
って。

ほんとそう思います。

そんなこんなで、ツラツラと書きましたが、
僕で良ければ、就職・転職の相談とか職場の悩みとか、色々聞けるので、
お気軽にメッセージ下さい。


shun

BASARA Co, by Shun Oshima

12歳の時に訪れたイギリスをきっかけにカメラに触れるようになる。 現在は商社でクリエイティブワークをこなしながら、フリーカメラマンとしてウェディング、イベント、ポートレート、風景など様々なジャンルの撮影をこなす。また、全国でカメラワークショップも開催。 その他、ウェディングムービーの制作など多岐に渡る。 年間の半分以上は、国内は北海道〜沖縄まで。海外はHawaiiを中心にヨーロッパなどでも活動中。

0コメント

  • 1000 / 1000

Shun Oshima

camera / surf / coffee / friend /smile
フォトグラファーとして、ウェディングや風景、ポートレート、イベントなど幅広い撮影を手がけています。
また、カメラワークショップを全国で開催。
その他、企業に所属しイルミネーションに関する仕事にも取り組んでいます。