〜Mika Kobayashi Piano Recital 2012〜

【尾島未佳】

みなさん、今後この名前を覚えておいて下さい。

1週間ほど前になりますが、代々木にある音楽ホールMUSICASAにて、
小林未佳さん、自身初となるソロリサイタルが開催されました。




200席分のチケットはほんと、数日の間に完売!


僕は、この日の記録を切り取るために、
カメラマンの依頼を未佳さんから頂き、
当日はビデオカメラと一眼レフカメラと、両方持って奔走していました。

19時開演でしたが、僕はスタッフとして準備のため16時に会場入り。

その際は、リハをやっていて扉の前から緊張感が伝わって来ました。

未佳さんは先日、入籍したばかりで、旦那さん共々日頃から凄くお世話になっています^^

当日のセットリストは以下のとおり

■エルガー:「愛の挨拶」
■エルガー:ロマンス/作品62
■グリンカ:悲愴三重奏曲/ニ短調
■シュライナー:インマークライナー
■シューベルト:「楽興の時」より第1,3,5.6番
■シューベルト=リスト編曲:「春への想い」「魔王」
■ショパン:3つのマズルカ/作品59
■ショパン:バラード第4番/ヘ短調/作品52


生のクラシック音楽に触れるのなんて、久しぶりでしたが、
2時間があっという間で、感情がとてもいい意味で抉られました。

リサイタルの前半は、賛助出演として未佳さんのご友人の、
本田佳奈さん(クラリネット)と小笠原梢さん(ファゴット)も出演され、
ピアノとのコラボがとてもマッチしていました。
なんと言うか、素人が言うのもアレですが音と音が楽しく遊び、時にいい意味でぶつかり合ってる。そんな感じ。



(左から)本田佳奈さん(クラリネット)小林未佳さん(ピアノ)小笠原梢さん(ファゴット)


また、今回のリサイタルは当日配布されたフライヤーから、
演奏中のパフォーマンスまで、クラッシクに馴染みのない方でも、
飽きないような工夫が細かい所までされていて、さすが未佳さんたちだな。って思いました。

今日という日まで、懸命な努力をされ、
1曲1曲から未佳さんの色んな”想い”を感じられました。

日頃からFacebookで未佳さんの活動の様子は伺ってたけども、
きっとその日々の苦労や喜びってのは僕には到底想像し切れない境地になるんだろうな。





そして、

「小林未佳」という名前で皆さんの前に立つのはこの日で最初で最後でした。

と言うのも、前半で言ったように、未佳さん先日、入籍されました♪^^
そのため、今後は「尾島未佳」として活動されます。

リサイタルの最後に彼女はこう言ってました。

「入籍して名前を変えると言うことは、今まで重ねてきた経歴等は全て捨てなきゃいけない。
そして、全くのゼロからスタートすると言うこと。」


でも、それを口に出して200人もの人の前で言えている辺り、相当の覚悟がある事、精神的に強いこと、色んな事があると思いました。

音源や写真はYouTubeやFacebookにUPしていきますので良ければご覧になって下さい^^

「尾島未佳」

この先ずっと応援したいアーティストです!

久々のクラシックライブ、とっても癒された。

クラリネットの佳奈さん、ファゴットの梢さん。
そして、未佳さん。
素敵な演奏を、そして時間をありがとうございました!

スタッフの皆さんも、本当にありがとうございます!!




ぜひ、皆さん未佳さんを応援してあげて下さい!
■Mika Kobayashi's Facebook
http://www.facebook.com/mika.kobayashi.piano?fref=ts
お客様帰った後にみんなで記念撮影^^
写ってる人、みんなともだち♪


Big Aloha


from:shun

BASARA Co, by Shun Oshima

12歳の時に訪れたイギリスをきっかけにカメラに触れるようになる。 現在は商社でクリエイティブワークをこなしながら、フリーカメラマンとしてウェディング、イベント、ポートレート、風景など様々なジャンルの撮影をこなす。また、全国でカメラワークショップも開催。 その他、ウェディングムービーの制作など多岐に渡る。 年間の半分以上は、国内は北海道〜沖縄まで。海外はHawaiiを中心にヨーロッパなどでも活動中。

0コメント

  • 1000 / 1000

Shun Oshima

camera / surf / coffee / friend /smile
フォトグラファーとして、ウェディングや風景、ポートレート、イベントなど幅広い撮影を手がけています。
また、カメラワークショップを全国で開催。
その他、企業に所属しイルミネーションに関する仕事にも取り組んでいます。