競争心が原動力となる。

僕と同期入社の人がいる。

31歳の中国人の男性。
自分より、人生経験もキャリアも何枚も上。

生きてる年数が違う。
でも、やっぱり「同期」となると良いライバルみたいな目で見てしまうわけで。

彼は英語こそ喋れないものの、日本語は堪能。
おまけに地頭力もあって、何事も器用にこなす正確。
グローバルなうちの企業にはピッタリの人材。

同じ仕事をしても、やっぱり彼のが効率よく終わらせる。
気がつけば、1歩2歩先の彼。

悔しい。

仕事を通して、いつもそんな風に思っています。
彼が有能だからって僻んだりしてるわけではない。
むしろ、互いにあるもの、ないものも尊重しあって、支えあう。
そんないい関係が出来ている気がするのです。

そして、そんな関係が、悔しさがこみ上げてくる感覚が楽しいのです。

元々、僕は外大出身と言うこともあり、
異国の人と時間を過ごすことに抵抗はあまりありません。
(言動に驚くことや発見は多々ありますが)
だから、中国人である彼のワークスタイル、ライフスタイルに抵抗はなく、
むしろとても刺激的で、そんな相手を理解するのがとても楽しいです。
理解するプロセスが。

同期入社の中国人の彼の存在が、競争心を掻き立ててくれる。
それが、仕事の原動力になる。

そして「出来ない」悔しさで、ご飯何杯食べられることか(笑)

競争しながら、"共創"していく関係構築が大切であり、理想。

これからは「共創」の時代だ!なんてたまに聴こえる。
確かに、それは間違ってないと思う。

でも、「競争心」も一緒に持って、取り組まないとマジで日本は廃れていくと思うのです。
平和ボケしすぎなんじゃないかと。


これからも、色んな人と切磋琢磨していきたいな。

BASARA Co, by Shun Oshima

12歳の時に訪れたイギリスをきっかけにカメラに触れるようになる。 現在は商社でクリエイティブワークをこなしながら、フリーカメラマンとしてウェディング、イベント、ポートレート、風景など様々なジャンルの撮影をこなす。また、全国でカメラワークショップも開催。 その他、ウェディングムービーの制作など多岐に渡る。 年間の半分以上は、国内は北海道〜沖縄まで。海外はHawaiiを中心にヨーロッパなどでも活動中。

0コメント

  • 1000 / 1000

Shun Oshima

camera / surf / coffee / friend /smile
フォトグラファーとして、ウェディングや風景、ポートレート、イベントなど幅広い撮影を手がけています。
また、カメラワークショップを全国で開催。
その他、企業に所属しイルミネーションに関する仕事にも取り組んでいます。