偶然を運命に変える。

GW最終日、みなさんいかがお過ごしですか?

僕は朝から神戸元町でモーニング→制作業務→マンションの屋上でマインドリセット(寝てただけですがw)→スーパーで夕食の買い出しな流れでした。

======

仕事でも、イベントでも何でも、目標設定をしたものに対しては誰だって、
成果を出す事にプロセスを踏んで行くかと思います。
そしてイメージした結果が出るように邁進していきます。

でも、たまに、予想を上回る、イメージしてた事とは違う形(いい意味で)で結果が出る、
成功した事ってないでしょうか。

しかも、その出来事が自身の転機となり、運命を大きく変えてしまうような・・・。

でも、その結果を引き寄せるための地道な努力や、
周囲との信頼関係の構築など、
人としても、仕事の経験的にも、基礎となる部分をしっかりと、
築いてないと、チャンスや波が来ても、それは大きくはならない。

同じチャンスや同じ場所にに巡りあっても、
日常の一コマに終わる人と、それを奇跡かのように変えてしまう人と...。

新卒で入社した会社で上司がこんな事を言っていたのを思い出しました。


次を期待している人に、次は来ない。
そうやって人生のチャンスを逃してきた人と、
チャンスにチャレンジしてきた人の差がドンドン開く…



当時はすぐには理解出来なかったのですが、
今となっては、心底納得&共感。

せっかく来た偶然やチャンス、
調子に乗って「次来るからいいやー」みたいな感じでいると成長もそこで止まってしまうし、
案外次は来なかったりします。

偶然を運命に変える資質は、

ポジティブで、好奇心旺盛で、
柔軟に、めげずにいろいろとチャレンジし続けてて、
ちょっとリスクがありそうでも、
興味を持ってとりあえずやってみる。

そんなことができる人なのではないでしょうか。



もしかして、

「この偶然も運命かも!」
「せっかくだから、やってみよう」

と、共感する人、前に進む人のほうが、魅力だし、そういう人ほどこそ、
失敗も成功のたくさん経験して魅力的だし。。。
やってみたほうが、人生楽しいですよね。

意外とちょっとした挑戦では、大切なもの、失ったりしないものです。

BASARA Co, by Shun Oshima

12歳の時に訪れたイギリスをきっかけにカメラに触れるようになる。 現在は商社でクリエイティブワークをこなしながら、フリーカメラマンとしてウェディング、イベント、ポートレート、風景など様々なジャンルの撮影をこなす。また、全国でカメラワークショップも開催。 その他、ウェディングムービーの制作など多岐に渡る。 年間の半分以上は、国内は北海道〜沖縄まで。海外はHawaiiを中心にヨーロッパなどでも活動中。

0コメント

  • 1000 / 1000

Shun Oshima

camera / surf / coffee / friend /smile
フォトグラファーとして、ウェディングや風景、ポートレート、イベントなど幅広い撮影を手がけています。
また、カメラワークショップを全国で開催。
その他、企業に所属しイルミネーションに関する仕事にも取り組んでいます。