恩返し。





日々身の回りがざわつくこの世の中で、
いかに、自分自身の心や感情をフラットに保てるか。

自分との勝負です。

「比べるのは相手ではなく、自分」とはよく言ったもので。

この意見には納得。

だけど、理想は

「競争しながら、共創していく」

誰もが、「世界をよくしたい」「日本をよくしたい」と思う。
自分も然り。

だけど、もっと大切なのは、もっともっと小さな所まで見ること。

地域、町、商店、工場、家族、人...

母体から小さな所へフォーカスしていくこと。

すごく、時間はかかるやろうし、泥臭いし、時に辛い事もあるやろうけど、
そこに向かって、楽しい努力を重ねれば、結果として地域や日本、
世界の成長に繋がっていくんじゃないかな。

僕は、そのツールの1つとして、【Communication】に注力してる。

only oneのCommunication Designerになりたくって。
この想いはぶれなくって。

そして、

【人を幸せにする人を創る人になる】

って志命を果したくて。

そして、故郷の関西や、幼い頃過ごしたイギリス、大好きな沖縄やHawaii....

街やそこに住む人たちに恩返しがしたい。

全ては人と人との会話から始まる。

このアメブロも、Facebookも、みんなが普段過ごしてる家や使ってるペンも何もかも、
全部が人と人との会話から始まっている。

そこをもっともっと活かして変えれば、もっと世の中は良くなる。

より質のコミュニケーションを生むためにも、
大人も子どもみたいに毎日たくさん笑顔になれるようなコミュニケーションを生むためにも。

理想論、綺麗事もほどほどにしとけー

って言われそうやけど、個人的に、夢や志持ってないと、生きるのしんどい(笑)

だって、人生一発勝負。

死ぬ時は、地位も名誉も、お金も他の財産も・・・
何もかもと別れる。

自分が何をしてきたか。

これだけは残せる。後世に伝えられる。

やっぱ、人が好きだな。自分。

皆さんは、人生で成し遂げたいこと、ありますか?



Hoaloha―大切な仲間―

仲間こそ、究極に大切な存在。


Me ke Aloha

from:shun

BASARA Co, by Shun Oshima

12歳の時に訪れたイギリスをきっかけにカメラに触れるようになる。 現在は商社でクリエイティブワークをこなしながら、フリーカメラマンとしてウェディング、イベント、ポートレート、風景など様々なジャンルの撮影をこなす。また、全国でカメラワークショップも開催。 その他、ウェディングムービーの制作など多岐に渡る。 年間の半分以上は、国内は北海道〜沖縄まで。海外はHawaiiを中心にヨーロッパなどでも活動中。

0コメント

  • 1000 / 1000

Shun Oshima

camera / surf / coffee / friend /smile
フォトグラファーとして、ウェディングや風景、ポートレート、イベントなど幅広い撮影を手がけています。
また、カメラワークショップを全国で開催。
その他、企業に所属しイルミネーションに関する仕事にも取り組んでいます。