親が子に込めた想い。

サボりすぎ注意。。

両親が僕に名前を授けた際に、「どんな想いを込めてつけたか?」
そんな内容が分かる、紙を見つけました。
(”紙”って言ってしまうとなんか、安っぽく聞こえるね。)




■命名:大島 俊

<俊才・俊敏>の俊

勘の良さ、把握力、理解力に優れた人間になってほしい。
という親の願いを込めて・・・。

1:シュン:シャープな感覚を持つ人であれ
2:常に自分に厳しい人であれ
3:何かひとつで良いから、優れたものを持て
4:人を思いやる心を持て

昭和62年7月28日(火)12時16分 生
男児 3290グラム

・・・画像の内容をそのまんま、抜粋したのですが。。
ちょっと自己分析。

・勘の良さ→悪い予感、嫌な予感はよく当たります。(それもかなり高い確立で)
      いつも、「この嫌な予感、外れて!><」って願っても。。
      ポジティブな勘は「これでもかっ」ってくらい外します。
・把握力→うーん...状況判断はまだ冷静な方かな。
・理解力→時と場合で全然変わります(笑)

1:”シャープな感覚”が難しい。どう定義づけるかで変わるよな。
  皆さんか見た僕はどうですか?シャープな感覚もってますか?w

2:②に関しては、お父さん・お母さんごめん。
  めっちゃ甘いと思います・・・。

3:うーーーーーーーーん・・・・・。
  何が優れてるんやろ?足が速い所とか??^^;
  そう言うのじゃないか。
  技術的な所であったり、性格とか内面的な所でもあるんかな。

4:これは相手がどう思うか。で分かれてくるけど、
  いつも”想いやり”の気持ちは持つ。
  そんな姿勢を持って日々を過ごしています。
  家族には家族への。友達には友達への。
  仲間には仲間への。恋人には恋人への。(今はいないけど)
  

振り返ってみると、多分、まだ親の期待に添える自分にはなれてない。
100%沿う必要はないと思うけど、やっぱ大切な両親の子どもであるわけで、
親が周りに誇れる子どもでいたいな。とはやっぱ思うわけです。

いつか必ず両親から、
「お前を産んで、生まれて来てくれてほんまに良かった」
って直接、口から聞きたいから。言わせます。

こんなこと言っておきながら、言われたら、
照れまくって恥ずかしくなるのがオチなんやろうけど(笑)

そう言えば、自分が生まれた日を恨んでた時期があります。
7月28日は幼稚園~大学までだいたいが夏休み。

誰にも会いません(笑)
大学時代は毎年、学期末テストと言う最高のプレゼントでしたw
だから、その分?誰かにサプライズをしかけるのが大好きですw

「自分だったらこうされたかった」とか考えながら。

メールくれたり、電話くれたりするだけでもその”気持ち”が嬉しかったりするんやけども。

社会人になってからは、「もうこんな歳になって誰からも祝われないやろう」って
ちょっと腹くくってます。


以前、ある絵本を美容師さんから頂いて、その絵本について書いたblogです。

■forgiveness...
 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1660923149&owner_id=3907183

お時間ある方、ぜひお立寄下さい。
長い日記ではないので(笑)

この日記の一部を抜粋します。

++++++++++++++

親の言うことを、聞くことで、
自分を外から
守っていた時代があった。

親に、逆らうことで、
自分の内側を
作っていた時期もあった。

そして今、
親と折りあって、ともに歩こうとしている
自分がいる。

「生まれてきてよかった」としみじみ感じた瞬間に、
親の存在が、変わった。

「あの親がいなければ、ここに自分はいなかった」
と気づいたら、
むしょうに、ありがたくなった。

わたしという命、
この世に、送り出してくれて、

ほんとうに、ありがとう。

+++++++++++++++

このメッセージを目にした時、心にすーっと入って来て、無性に感謝したくなった。

と言うか、親の有り難みとか色々なことに気づかされた。

上京して1年ちょっと。
日を重ねるごとに、関西にいる友達や家族のありがたみが分かる様になって、
自分は「ほんまに恵まれてるな」って思った。

僕は未熟だ。誰が見ても未熟だ。成長し歳をとってもまだ未熟だ。
きっと、死ぬ時も未熟なのかもしれない。

成すべきこと。叶えたいこと。守りたいもの。
救わなくてはいけないもの。愛すべき人、愛すべきもの。好きだと想う人。
そして人生の約束。
1つでも真に気づけば、人生は根底から変わり始めるのかもしれない。

”俊”と言う名に込められた想い。

これまで出会ってくれた人、支えてくれた人、友達、家族・・・
そして自分自身のためにも、もっと頑張ろう。

意外と大学以降に出会った友達や先輩、後輩の方々からは、
”俊”って呼んでくれるので、それがなんだか嬉しかったりします☆^^

”俊”と言う名に真に相応しい人にならなきゃ。。。

皆さんも、今一度、ご両親から授かった”名前”に対する【想い】
改めて、聞いてみてはどうでしょう?^^

もしかしたら、何か新しい気づきや発見、
意識の変化が訪れるかもしれません。

静かな部屋にそっと流れる女性シンガーの音楽.......
ちょっとネガティブな詞なのに、こんなにも心地よくて響くのはなぜだろう。

夜は様々な感情を持った心を隠してくれるから?


Me ke Aloha...

from:shun

BASARA Co, by Shun Oshima

12歳の時に訪れたイギリスをきっかけにカメラに触れるようになる。 現在は商社でクリエイティブワークをこなしながら、フリーカメラマンとしてウェディング、イベント、ポートレート、風景など様々なジャンルの撮影をこなす。また、全国でカメラワークショップも開催。 その他、ウェディングムービーの制作など多岐に渡る。 年間の半分以上は、国内は北海道〜沖縄まで。海外はHawaiiを中心にヨーロッパなどでも活動中。

0コメント

  • 1000 / 1000

Shun Oshima

camera / surf / coffee / friend /smile
フォトグラファーとして、ウェディングや風景、ポートレート、イベントなど幅広い撮影を手がけています。
また、カメラワークショップを全国で開催。
その他、企業に所属しイルミネーションに関する仕事にも取り組んでいます。