Mother...



昨年くらいから、音楽はずーっと洋楽がメインで聴いていたけれど、
それでも、絶えず聴き続けている日本人アーティスト。

押尾コータロー

彼の音楽には歌詞がありません。
”インスト”と言う楽器のみで音を奏でるジャンル。

彼はアコースティックギター1本を巧みに操り、
まるで複数の演奏をしているかのように聴こえる。

「歌詞がない音楽なんて…」っていう方ちょいちょいいるんですけど、
このジャンルの音楽の良い所は、歌詞がない分、
良い意味で、自分で感情付けや、それこそ歌詞がつけられる。

自分の想いをメロディーに色づけられる所だと思います。
だから、この”MOTHER”と言う音楽1つにしても聴く人の数だけ、
いろんなカタチ、物語があって、いいと思うんです。

僕には僕の、”Mother”をテーマにしたStory Music。
あなたにはあなたの”Mother”をテーマにしたStory Music。

そんな押尾さん、デビュー10周年を迎えるにあたって、
記念アルバムを発売するのですが、その中に新曲が収録されています。

その1曲が、冒頭のYouTubeの動画、『MOTHER』

ぜひ、一度聴いてみて下さい。
みなさんそれぞれの”お母さん”を想って・・・。
きっと、目頭が熱くなると思います。

母親ってのは、ほんとに偉大だと思います。

一番、身近な存在だからこそ、
めんどくさかったり、うっとおしかったりするもの。

笑い合う事もあれば、衝突する事も多々あり。
遠いようで、近い存在。近いようで、遠い存在。

だけど、母親の体から生まれ、毎日毎日ここまで育ててくれた事に感謝。

1人の人を10年も、20年も育て続けるってのは、尋常じゃないくらいの精神力、
忍耐力が要るかと思います。

きっと、その大変さは僕には一生かかっても分からないと思う。

男と女は基本的に違う生き物だと思っているので。

女性って本当に強い。
母親って強い。


ありがとう。


Mahalo nui loa...


from:shun

BASARA Co, by Shun Oshima

12歳の時に訪れたイギリスをきっかけにカメラに触れるようになる。 現在は商社でクリエイティブワークをこなしながら、フリーカメラマンとしてウェディング、イベント、ポートレート、風景など様々なジャンルの撮影をこなす。また、全国でカメラワークショップも開催。 その他、ウェディングムービーの制作など多岐に渡る。 年間の半分以上は、国内は北海道〜沖縄まで。海外はHawaiiを中心にヨーロッパなどでも活動中。

0コメント

  • 1000 / 1000

Shun Oshima

camera / surf / coffee / friend /smile
フォトグラファーとして、ウェディングや風景、ポートレート、イベントなど幅広い撮影を手がけています。
また、カメラワークショップを全国で開催。
その他、企業に所属しイルミネーションに関する仕事にも取り組んでいます。