小説、書きます。(出版社や編集者、本を出版した事のある方、力を貸してくれませんか?)

昔から、文章を書く事が好きで、本を読む事も好きで好きで…。

小学校の時は作文で賞を頂いたこともあったっけ。

読む事に関しては、エルマーの冒険シリーズは全部読んだし、
「青い鳥は生きている」も何度も読んだなー。

エルマーと16ぴきのりゅう (世界傑作童話シリーズ)新品価格
¥1,260から
(2013/3/24 17:21時点)
青い鳥は生きている (ジュニア文学館)中古価格
¥1から
(2013/3/24 17:23時点)


学生の時は、テレビ・新聞・雑誌・ネット・・・
そして人との会話の中でピンと来た言葉はどんどんノートに書き留めていて、
そこに自分なりの価値観や想いを置いたりして。

だから最近は全然見てもないけど、mixiではしょっちゅうブログ書いてたし、
それが今はアメブロで日常を綴ってるんだけれども。

その内「いつか本書いてみたいな」って夢を持つようになってて、
周りからも「本とか書けるんちゃう?」みたいな事をよく言われるようになりました。

社会人になってからもそんな風にたまに言ってもらえてて。

そしたらこの前、友人とLINEしてたら
「俊くん、本書いてみたら?」ってまた言われて。

でも、その友人はさらにもう一歩踏み込んで、

「尊敬する人とかを題材にした小説がいいんじゃないかな?脚色つけてもいいから」

って。

今までは「本書いてみたら?」といわれる事はあっても、「こんな本書いてみたら?」と云われることはなかった。
「本書いてみたら?」と言われても、何書いたらいいか分かんなかったし。

でも、この友人のアドバイスでなんとなくではあるけど、イメージ出来たかも。

「なるほどー」と妙に納得しました。

確かに人並みよりかは想像力は豊かかもしれない。

いつも感性はアップデートしてたいから、積極的に美しい物や音に触れて、
見て、聴いたりもするように心がけている。

その時感じたことを、文章として表現している。


そんな友人の何気ない一言がキッカケで、本を書いてみようと思います。
でも、何から始めたらいいのか・・・?^^;

出版社の方や、編集者の方でどなたかお力貸して頂けませんでしょうか?


好きな作家さんは、村山由佳さん、百田尚樹さん、宮部みゆきさん、市川拓司さん。

テーマは模索中。
東京での生活を題材に綴ろうかな。なんて。

BASARA Co, by Shun Oshima

12歳の時に訪れたイギリスをきっかけにカメラに触れるようになる。 現在は商社でクリエイティブワークをこなしながら、フリーカメラマンとしてウェディング、イベント、ポートレート、風景など様々なジャンルの撮影をこなす。また、全国でカメラワークショップも開催。 その他、ウェディングムービーの制作など多岐に渡る。 年間の半分以上は、国内は北海道〜沖縄まで。海外はHawaiiを中心にヨーロッパなどでも活動中。

0コメント

  • 1000 / 1000

Shun Oshima

camera / surf / coffee / friend /smile
フォトグラファーとして、ウェディングや風景、ポートレート、イベントなど幅広い撮影を手がけています。
また、カメラワークショップを全国で開催。
その他、企業に所属しイルミネーションに関する仕事にも取り組んでいます。